電子マネー機能搭載スマートウォッチおすすめ3選!suicaやedy対応はこれ

近年注目を集めるスマートウォッチは、体調管理やスポーツの際にも役立つ機能が満載、日々進化を続けるウェアラブル端末です。

中には電子マネーが使える決済機能を持つモデルも登場し、日ごろからおサイフケータイとしてSuicaやedyを利用する方もさらなる利便性を求めて購入する方が増えています。

この記事では、電子マネー機能搭載スマートウォッチのおすすめモデルをご紹介していきます。

これからスマートウォッチの購入を検討している方や、決済機能付きモデルへの変更を検討している方もぜひ参考にしてくださいね。

決済機能搭載のスマートウォッチとは?

決済機能搭載のスマートウォッチとは、従来のスマートウォッチとしての機能に加えて、非接触決済サービスを搭載しているモデルを指します。

クレジットカードや各種電子マネーなどの情報を登録しておけば、簡単にキャッシュレスで買い物や支払いができます。

これまでスマホやカードでキャッシュレス決済をしてきたシーンを、スマートウォッチ1つで済ませるイメージです。

そのため、決済機能搭載のスマートウォッチを選ぶときは、自分が普段から利用するクレジットカードや電子マネーを重視&優先することがおすすめです。

電子マネー機能搭載スマートウォッチおすすめ3選!

Apple Watch

Apple WatchではApplePayというApple社の電子財布・非接触型決済サービスが利用できます。

事前にカード情報やSuicaを登録しておくと、専用リーダーにかざすのみで支払えるサービスです。

おサイフケータイとよく似ていますが、どの電子マネーでも使えるというわけではなく、楽天Edyやnanaco、WAONなどは対応していません。

交通系ICカードサービスでも、使えるのはSuicaのみ、その他のものは未対応といったように、使えない種類もあるので注意が必要です。

対応サービス:Suica、クレジットカード

公式サイト:Apple Watch

Garmin Venu

Garmin Venuでは、Garmin PayとGarmin Pay Suicaを使うことができます。Garmin Payはジャパンネット銀行・ソニー銀行・三菱UFJ銀行のそれぞれのVISAカードが登録可能です。

Garmin Pay Suicaを利用する場合は手持ちのGarmin製品をアップデート後に、GooglePayのアカウント経由でSuicaにクレジットカードを登録することで使用可能となります。

Garmin Pay Suicaがあれば、もう券売機でチャージする必要がなくなり、いつでもスマートに改札を通過できるようになります。

対応サービス:Garmin Pay、Garmin Pay Suica

公式サイト:Garmin Venu

SONY wena wrist(ウェナリスト)

SONY wena wrist(ウェナリスト)は、世界で初めて腕時計のバンド部分にスマートウォッチの必要な機能を内蔵したモデルで、腕時計としての美しさにこだわっています。

電子マネー機能のセットアップはiOS専用アプリの「おサイフリンク」が必要になるものの、iPhoneを一時的に借りるなどすればすぐにセットアップできます。

スマホとの連携は必要ないため、SONY wena wrist(ウェナリスト)単体で電子マネーを利用できることが特徴です。

対応サービス:楽天Edy

公式サイト:SONY wena wrist(ウェナリスト)

スマートウォッチの電子マネーやsuicaの使い方

スマホアプリと連携

スマートウォッチで電子マネーやSuicaを使うには、始めにスマホアプリとスマートウォッチを連携することが必要です。

Suicaを使用する場合でも、あらかじめスマホにGooglePay経由でクレジットカードなどの決済手段を登録しておき、スマートウォッチの公式アプリを使ってスマホと連携させます。

その後、スマートウォッチから交通系ICカードまたは交通メニューを選び、画面の指示に従って個人情報を入力すると準備はほぼ完了です。

チャージ(入金)

電子マネーやSuicaの設定が済んだら、チャージ(入金)を行います。利用頻度や目的によって十分な金額をチャージしておきましょう。

毎日のように頻回に利用する方は、残高が一定金額以下になると自動でチャージしてくれる、「オートチャージ」がおすすめです。

オートチャージができるものとできないものがあるので、オートチャージ可能な条件を事前に確認しておくとより良いでしょう。

タッチ、かざすだけ

チャージが済んだら、決済のシーンで手首を専用リーダーにかざすだけでキャッシュレス決済ができます。

店舗によっては専用機器にタッチすることもありますが、ほんの数秒程度です。

バッグやポケットからスマホを取り出す必要がなく、財布からカードを出さないままで、手首のみで支払うことができます。

まとめ

今回は電子マネー機能を搭載するスマートウォッチをご紹介しました。モデルによって使える電子マネーの種類に違いがありましたね。

自分が普段から良く使う電子マネーをそのまま使えるのが理想的なので、購入する前にどんな電子マネー機能に対応しているのか確認するようにしましょう。

また、スマホとの連携は一見すると難しそうでも、手順通りに進めていけばOKの簡単操作がほとんどです。

スマートウォッチの中には連携不要のモデルもあるので、自分に合うモデルを探してみてください。

気になるモデルが見つかった方は、さっそく問い合わせてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました