Apple Watch 機能

画面の破損などが特に心配されるApple Watchの修理に関して押さえておきたい知識

a

電車やバスなどの公共交通機関を利用すれば、誰かしら利用しているiPhoneですが、画面がバリバリに割れてしまっている人を良く見かけますよね。
私自身、iPhoneユーザーになってから既に7年以上経過していますが、画面を割ったことが1度もありません。

3120b24a6ccbf810c7fe04c3bf35da84_s

画面フィルムを貼れば防止できるのではないかなあと思うのですが、なんで割れてしまうんでしょうか。。
iPhoneと同様に、Apple Watchにも専用の画面フィルムがサードパーティ製でリリースされていますが、そのレビュー記事なんかも書いているので良かったら読んでみて下さい。

Apple Watchにフィルムを貼った結果、3週間で剥がした件

話しを少し戻して、Apple Watchの画面の破損が気になる方、結構多いかと思います。
やはり時計ですので画面が常に危険に晒されている状態になってしまい、日常的に行う動作で画面をぶつけて傷つけないか心配ですよね。ですがAppleさんも対策しており、
画面の強度を高めるために、特有の素材を用いて傷つきにくくなるようにしています。

Apple Watchの画面に使われている素材

Apple Watchにはサファイアクリスタルという有名時計ブランドでも風防に利用している素材で、かなり丈夫でダイアモンドの次に硬い素材だと言われています。

Apple Watch sportsにはIon-Xガラスが採用されており、軽くて丈夫というのがこの物質の特徴で、スペースシャトルや特急列車の窓ガラスに使用されているというのは有名な話。

と、ここまで画面の素材について話してきましたが、異なる素材を採用しているApple WatchとApple Watch sportsですが、どちらの方が割れにくいのかを検証した動画をここでご紹介。

Apple Watchの画面は割れてしまい、sportsの方は割れないという結果になりました。
時計の自重が関係してきそうですが、強度が強ければ割れないというわけではなさそうです(キズの付きにくさという面では強度が強い方が有利です)。
自分は落としてしまいそうだな。。。と思っている人は画面フィルムを貼って予防してみても良いかもしれませんね!

本体についているデジタルクラウンやサイドボタンの破損

デジタルクラウンやサイドボタンには防水のためにパッキンで水が本体の内部に入り込まないようになっています。
そのパッキンが劣化してしまったり外れてしまったりすることがあり、そのまま放置して使い続けてしまうと何かの拍子で内部に水が入ってしまう可能性があります。
この場合は、修理の際に水没したと見なされてしまうと保証が適用されないことがあるので注意しましょう。

デジタルクラウンの回転がスムーズにいかないな。。。
サイドボタンを押した時の感覚がなんかおかしい。。。。

と感じたら、とりあえずApple Storeに連絡を入れて製品の診断をしてもらうことをオススメします。

保証期間中の修理費用

スタンダードモデルである、Apple WatchとApple Watch Sportに関しては製品を購入してから1年間の保証はついていて、電話サポートは90日間ついてきます。
Apple Watch EditionとApple Watch Hermèsの両モデルは、修理サポート・電話サポート伴に2年間あります。

モデル名 修理費用
Apple Watch Sports 8,400円(2回まで)
Apple Watch 9,800円(2回まで)
Apple Watch Hermès 9,800円(2回まで)
Apple Watch Edition 124,000円(2回まで)

購入時にApple Care+に加入しておけば、Apple Watch Sports・Apple Watchは1年間の保証が2年間に延長され、Apple Watch Hermès・Apple Watch Editionに関しては2年間が3年間に保証が延長されます。

Appleで保証外で修理を依頼した場合

モデル名 修理費用
Apple Watch Sports 22,400円
Apple Watch 40,400円
Apple Watch Edition 342,400円

バッテリーの交換に関しては一律で9,800円となっています。
修理に関しては保証期間から外れてしまうと、約3~4倍の修理費がかかってしまいます。
それにしてもApple製品の修理費高いなあと。
一度でもAppleの製品を壊したことのある人は分かると思いますが、対応までに時間かかるし修理費用も高いんですよね。
これもブランディングの一貫なのでしょうか。

とりあえず、形あるもの全て使っていれば壊れてしまいます。
特に時計となると1日のほとんどの時間、共に生活することになるので傷ついて当然と言えば当然です。

スタイリッシュ感はなくなってしまいますが、画面のフィルムやケースなどをつけて予防してみるのも1つの手ですので、試してみても良いかと思います。

Apple Watch Fan

Apple Watch Fan

投稿者の記事一覧

アップルウォッチを愛して止まない、Apple Watch Hack編集長。
スマートウォッチの中でアップルウォッチが最高であることを常に証明し続けることに生き甲斐を感じている。

ひょんなことからApple Watchをフル活用して身体を改造することに。
その様子をinstagramでチェック!
https://www.instagram.com/love_muscle_enrevo/

関連記事

  1. a Apple Watchのタイマー機能で活用!らくらく時間管理術
  2. 000 Apple Watchの未読通知を一括消去する方法!「気づいたら…
  3. アップルウォッチの防水 買う前に知っておきたいApple Watch初代の防水性能の本当…
  4. dswfewef Apple Watchを手に入れたら最初にやるべきはコンプリケー…
  5. a Apple Watchの耐久テスト! どこまでやったら壊れるのか…
  6. 機能 Apple Watchの電源のオン / オフ、再起動のやり方
  7. fds Apple Watchで心拍数を測ることで、死亡リスク回避も!有…
  8. a 健康的に運動をはじめる!Apple Watchでライフスタイルが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

おすすめ記事

IMGP9870 新iPad Pro 10.5を使用してみて分かったこと!開封の儀を公開!

2017年6月14日にApple Storeにて新iPad Pro10.5インチと12.9インチモデ…

watch OS4 【WatchOS 4】新機能のリスト表示でもっと使いやすく!!

今回のWWDC2017で新OSが発表されてWatchOS4の紹介もありました。アップデートは、201…

Accessories 【iPad Pro】10.5インチ/12.9インチに新しいアクセサリが登場!!

今回のWWDC2017で発表されたiPad Pro新モデルの10.5インチと12.9インチのアクセサ…

cdscad watchOS 4のアップデートで追加される機能【まとめ】WWDC2017の発表内容

WWDCでApple Watchユーザーにとって一番気になるのが、watch OSのアップデートがど…

cdscad Apple Watchに新色バンドが登場!あの限定ウーブンナイロンも・・・!【WWDC2017】

WWDC2017では、watchOS 4について発表されましたね!そしてWWDCのあと、新色のバンド…

IMGP9870
  1. watch OS4
  2. Accessories
  3. cdscad
  4. cdscad
  5. 97
  6. cdscad

twitter

PAGE TOP