Apple Watch 2 機能

Apple Watch Series2の目玉!防水機能を初代と一緒に検証してきた結果

完璧な機械などといったものは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね。
こんにちは、daisuke takagiさんです。

なぜハルキストが悶々するようは文章からはじめたかといえば、私の中での村上春樹の物語の主人公というのは、ご自慢のスタイルを保つためなのか、オシャレ感なのかプールを趣味の一つにしている傾向が強いからだ。

そうプールといえばスイミング。
スイミングといえば防水機能が備わったApple Watch Series2。
ということで、もうお気づきになった読者も多いかと思うが、、、

前回、発売当日は逃したものの何とか翌日にApple Watch Series2を手に入れてきたApple Watch Hack編集部から、最近何かとプールに行ってハルキ的になっている私に、防水機能を試すように白羽の矢が立ったのだ。

そこで私はこういったんだ。
「なら、こういうのはどうだろう?せっかくなんだから僕の初代Apple Watchも一緒につけて泳いでみてはいかがだろう?」
そうすると編集部の彼は
「うん、どうだろうね。勝手にすればいいさ。」
と、なんともそっけない対応を示したが、その奥に見え隠れする興味津々な気持ちを私はもちろん見逃さなかった。

img_4560

来たる休みの日にいつものジム(区の体育館)、いつものプールでそれは決行された。
いつもどおりにチケットを購入して
いつもどおりにスイムウェアに着替えて
いつもどおりにプールサイドへ行く。

いつもと違うのは、その両腕に付けられた
Apple Watch とApple Watch Series2だ。

img_4561

プールサイドには携帯端末は持ち込めないルールだから
テキストで想像していただくことになるのが心苦しいのだが、

準備運動はそこそこに、いつもどおりのウォーキングからスタートする。
「防水なのだから」とか「初代にもしもがあったらこれもらってしまえばいいや」という
少々ズルかしこい気持ちがあったからだろうか躊躇なくApple Watchをザブンといけたのは自分でも意外だった。

そうそう。
一応、今回からのワークアウトにプールスイミングが追加されていたから、それを設定していたんだ。
動いている動いている。ぜんぜん平気ではないか。

問題なく動いている。

だいたいウォーキングを100メートルくらいしたところで、泳ぎ始めるのだがApple Watchからしてみればここからが本番という感じだろうか。

applewatch-%e9%98%b2%e6%b0%b4

まさにAppleさんの公式の画のごたる、颯爽とクロールをしてみる。
全然余裕!待ってましたと言わんばかりにワークアウトの数値を刻み始めるApple Watch Series2。
ここで賢いなと思ったのは、ウォーキングの時には距離が加算されないということだ。

泳いだ距離が加算されていく。
どういう仕組みかはわからないが、歩いている時には加算はされないのだ。
もちろん私としてはウォーキングとスイミングを半分半分行うので、正直合計のカロリー消費量を知りたいとも思ってしまった。

しかし純粋に泳いだ距離を測りたい場合は、なかなかどうして正確な数値を示している。
さすがに二個のApple Watchをつけながら泳ぐのは重いなと考えていた時、プールの監視員が私に近づき

監視員 「すいません、腕時計の着用は禁止させていただいております。」

私「え?でもこれ防水ですよ?」

監視員「それでもだめなんですよ、申し訳ございません。」

どうやらそういうことではないらしい。
別にここで事を荒立たせるつもりは毛頭ないし、それがルールだというのであれば従うまでだ。

残念ながら防水機能についての実験は18分という短い時間での実践終了となってしまった。
私はロッカールームに戻り二つのApple Watchをみてみると、両方ともいたって普通に動いている。
Series2はもちろんのこと、初代のApple Watchも問題なく動いているのを確認した。

img_4563

18分間、決して長いといえない時間だが防水機能が「ある・ない」という特別な扱いは一切していない。
ウォーキングとスイミングあわせて600mくらいを休みなく着用したまま泳いだ結果、二つとも元気に動いているのだ。

なるほど生活防水程度といわれていたが、初代の防水機能もなかなかすごい。

しかしApple Watch Series2ならではの強化された防水性能は目を見張るところが多い。
ピーポピーポと、音でスピーカーの水を出す仕組みだったり、
分解してみるとパッキンが随所に使われていたり(参考:gigazineさん)と
やはり防水を意識するならApple Watch Series2で決まりだろう。
そしてiphoneを持ち込めないプールサイドでも距離などを図れるのもGPS搭載がなせる技なのでは?
と私は考えている。

また同じwatch OS3にアップデートしたApple Watchでもワークアウトにプールスイミングが初代にはついていないとか細やかな配慮も見逃すことはできない。

他にもApple Payなどにも対応してFelicaも使えるようになるApple Watch Series2。
初代と比べると間違いなく進化を遂げていると言える。

しかし初代を持っていれば買い控えてもいいという意見を聞くのもうなずける。
実際Series2が気にならないといえば嘘になるが、初代を持っている私からすれば通っているプールでの使用が禁じられた時点で今回の商品価値の半分以上はそがれてしまっている。
のどから手が出るほど欲しい!と、そこまで万人が求める完璧なものではない。

だが、あくまで初代を持っている人間としての意見であり
Series2から気になる人がいるのであれば、是非手にとってみても後悔をしない一品だと自信を持っておすすめできる。
それは初代でも十分使用すると手放せなくなっている自分が思うからだ。

次の日・・・

私 「いやぁ、十分な結果ではないかもしれないよ。」

編 「事情が事情だからしょうがないよ。世の中にはルールがあるからね。とにかく記事にはしてくれよ。」

私 「わかったよ、でもApple Watch Series2が試せたのは良かったよ。僕のプールで使えないこともわかったしSeries3を気長に待つとするよ。」

編 「ああ、もうしっかり請求はさせていただいているよ。当面の支払いからね。」

私 「え!?」

目の前の世界が一瞬、捻じ曲がったかのような錯覚を覚えたが、この絶望も完璧ではないのだろう。

関連記事

  1. 【WatchOS 4】新機能のリスト表示でもっと使いやすく!!
  2. iphone7じゃなくてもApple Watch series2…
  3. Apple Watch Series2の防水性能に疑問符

おすすめ記事

Apple Watch Series3に対応しているクロコダイルバンド販売中!!

Apple Watch-Hackオリジナルバンドがついに販売が開始した!バンドには高級なクロコダイル…

本日iPhone8・Apple Watch Series3・Apple TVの販売開始!

2017年9月22日にiPhone8・Apple Watch・Apple TVの販売が開始した。Ap…

iPhoneXとiPhone7のスペック・デザイン・価格まで比較してみた!

Appleのイベントで発表されたiPhoneXは予約開始が2017年10月27日で発売日が2017年…

【iPhone8】新製品イベントで発表された内容!価格や発売日など【9月13日午前2時~】

2017年9月12日(日本時間9月13日午前2時)に新製品発表イベントが開催!スティーブ・ジ…

【最新】Apple Watch Series3の公式発表情報とスペック、値段料金など

日本時間2017年9月13日午前2事から開催されていたApple新製品発表会にて、発表されたAppl…

twitter

PAGE TOP